パーキンソン病とは? | パーキンソン病の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

HOME > パーキンソン病とは

パーキンソン病とは

1,000人に1人の割合で発症すると言われる病気です

40~50歳以降に発症する人が多い

パーキンソン病は、1,000人に1人の割合で発症すると言われる病気で、ジェームズ・パーキンソン氏が1817年に発見した病気であることら、パーキンソン病と呼ばれるようになりました。
パーキンソン病は、発症年齢が40 ~ 50歳以降に発症する人が多く、他の病気と比べて進行が遅いのが特徴です。

現在、日本国内で、パーキンソン病患者は、10万人以上とも言われており、40歳前で発症する人もいれば、70代の高齢者にも患者数が増えており、難病のひとつとされています。
パーキンソン病とよく似た病気には、パーキンソニズムと呼ばれる病気がありますが、これはパーキンソン病全般の症状を指す言葉として用いられています。

パーキンソン病と同様の症状にパーキンソン症候群と言う病気があります。これはパーキンソン病と同様の症状でドーパミン薬の効かない症状です。

病理学的には、正常な人の脳とパーキンソン病患者の脳を比較した場合において、大脳の脳基底核や中脳の黒質の部分の神経細胞に変異性が認められ、神経細胞の数が次第に減少し始めて、残された神経細胞の中に異常な物質が見られます。

高齢化社会で、パーキンソン病の患者が増えてくる

これまでは、遺伝性との関係は薄いものとみられていましたが、若年者でパーキンソン病を発症する人の中には、遺伝子の異常がみられる人もいます。これからますます高齢化社会に進むにつれて、パーキンソン病の患者が増えてくるであろうと予測されています。昔は高齢者の手が震えるということは「年だから…」として済まされ、病気として診断されることは少なかったのですが、近年「パーキンソン病」として診断が次々と下されるようになっています。昔は振戦麻痺と言われていました。

至急、ご連絡ください。無料相談受付中!

院長の難病治療をご希望の方は下記勤務表をご覧ください。また、一般的な鍼診療は常時鍼灸師在中のため、問題なく診療することができます。安心して来院ください。

診療日 診療場所 電話番号
月曜日 大森駅前治療院 03-3768-3033
火曜日 芝浦治療院 03-5445-6600
水曜日 往診  
木曜日 月島治療院 03-3531-1233
金曜日 新橋汐留治療院 03-6228-5855
土曜日 月島治療院 03-3531-1233

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ