脊髄小脳変性症と鍼灸 | 脊髄小脳変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

脊髄小脳変性症( SCD )

鍼は脊髄小脳変性症に多くの成果を挙げています

難病治療の鍼灸師 二宮 崇プロフィール

二宮 崇 私は中国人医師の元で多数臨床経験を積み、銀座で有名でした劉鍼灸院の院長、江原病院鍼灸室長を経て、こちらで治療させていただいております。

元治療院では朝日、毎日、読売、産経等の有力紙に紹介されましたので、日本各地から来院される皆様に大変好評をいただきました。

現に今も遠方より来院くださる方が多数いらっしゃいます。

私は慢性疾患、難病治療の臨床と研究に励み、特にパーキンソン病・網膜色素変性症・脊髄小脳変性症・筋萎縮性側索硬化症・多発性硬化症について深く研究し、実力を養いました。私にとって皆様の慢性疾患、難病克服のために中国のハリ治療をお役立ていただくのが私の念願です。

脊髄小脳変性症とは運動失調を主症状とし、小脳または脊髄(神経伝達部含む)の変性を主な病変とするものの総称 です。

詳細まで診断を受けていれば、予約時教えてください。

主要な疾患

多系統萎縮症(NSA) 脊髄小脳変性症全体の43%…(詳細はこちら

【多系統萎縮症の内訳】
・オリーブ橋小脳萎縮症(OPCA) 81%
・Shy-Drager(シャイ・ドレーガー)症候群(SDS) 16%
・線条体黒質萎縮症 3%

晩発制小脳皮質萎縮症
Holmes(ホルムズ)型遺伝性運動失調症
遺伝性皮質性小脳萎縮症
家族性痙性対麻痺
Friedreich(フリードライヒ)病
歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症
Joseph(ジョセフ)病

脊髄小脳変性症の特徴

進行性 (ALS などよりは進行が遅い )
失調症状が主体。タイプによってはパーキンソン症状も出現する。
・移動に関してはバランス障害が主体。
・片麻痺のような、いわゆる健側は無い。全身症状である。
種々の随伴症状が出現
40~60代の社会的責任の大きい時期に発症
西洋医学的には効果的な治療法が無く、機能障害の改善が殆ど無い。

小脳性失調は以下のような症状が現れる。

  • 起立歩行障害
  • 共同運動不能
  • 筋トーヌス低下
  • 測定障害
  • 運動分解
  • 変換運動障害
  • 小脳性振戦 ( 企図 )
  • 言語障害
  • 眼振

鍼灸のアプローチ

鍼灸治療の目的

脊髄小脳変性を治すことや進行をとめることはできませんが、鍼灸治療により症状改善や進行を遅らせることを目的に行います。

鍼灸治療の効果

頭鍼療法 平衡区 頭部、頚部、肩、背中、上肢に鍼を刺すことにより頚、肩の筋肉が緩まり脳へ行く血管が拡張しその結果脳内への血流量を改善し神経細胞の変性の進行を防ぐことができます。

また鍼を刺すことにより神経を刺激しその刺激が脳に伝わり脳の活性化につながります。

同様に背中、腰、下肢に鍼を刺すことにより筋肉を緩めることにより脊髄への血流量を改善し神経細胞の変性の進行を防ぎます。

上肢や下肢に鍼を刺すことによりもちろんその部分の血流も改善しますが、その刺激が脳に伝わり脳からまた遠心性に上肢や下肢に刺激をすることにより腕や足の症状の改善にもつながります。

鍼灸治療はその人自身がもっている自然治癒能力を高めて本来持っている力を引き出してくれます。

治療

初期の段階であれば、非常に効果的

脊髄小脳変性症に対しては、鍼治療による一定の効果が認められています。特に神経疾患に関しては、古来から鍼による症状の改善が知られていますから、その有用性はかなり高いといえるでしょう。ただし、脊髄小脳変性症をはじめとする脳疾患に対しては、針治療においても高度な知識と専門技術が必要だといわれています。やはり経験の豊富な鍼灸医に治療してもらうことが望ましいでしょう。

ただし、鍼治療は「完治」を目的とするものではなく、症状が根本的に解消する性質の治療ではありません。あくまで症状を緩和したり、進行を遅らせるための治療法だということを認識しておく必要があります。また、鍼治療と並行して、通常の(西洋医学に基づく)通院や治療も欠かせません。鍼治療をはじめとする東洋医学は、西洋医学との相乗効果も知られているので、ぜひ積極的に取り入れることをおすすめします。

治療法

平衡区への鍼灸治療脊髄小脳変性症の治療は小脳に刺激を加える頭部の「平衡区」と言うツボを使います。

また、身体のバランスをとるために身体全体に鍼を打ちます。

最後に必ず体調を診るためにリハビリを行います。身体の動揺を診たり、筋力のチェックを診ます。

初期の段階であれば、非常に効果的で中期過ぎるまでは治療可能です。やはり末期症状になってしまうと鍼治療はなかなか難しいのが現状です。

鍼の具体的な効果

鍼の具体的な効果としては、歩行障害の改善(バランスの向上)、言語障害の改善(発音が明瞭化される)、自律神経障害(めまい、排尿、発汗症状など)の緩和が知られています。脊髄小脳変性症のような難病に対しては、西洋医学的なアプローチで万策尽きて、いわば最後の砦として、鍼治療のような東洋医学に助けを求める患者さんが多いようです。ただし、鍼治療は即効性が期待できる治療法ではありませんから、継続的、習慣的に治療を続ける姿勢が大切になってきます。鍼治療とあわせて漢方薬を服用するケースも多く、病気の進行・症状を抑える効果が期待できるといわれています。

東洋医学的な考察では変性は経絡で言う肝の病態とし、肝とは全身の循環・血流を支配する。そこにアプローチをかけ、経過を観察する。完治といかないまでも症状の安定、寛解を目標とする

初期であれば効果的だが、進行していると治療が難しく困難を極める。また、合併してでてくる症状にも気をかけ治療していく。

注意する点とは専門的な治療をしているところ以外で診察を受けるのは危険である。また、無理をして治療しようとすると悪化させてしまうので、治療を受ける側も神経内科や専門医を受診ください。

二宮 崇

鍼治療の流れ

①問診・診察②腹臥位(うつ伏せ)触診③背部側の治療
④針に刺激を加えるため電気(パルス)を流す(10分程度)⑤抜針⑥マッサージを加えながら全身状態のチェック
⑦頭針治療⑧腹部側の治療⑨カウンセリング
至急、ご連絡ください。無料相談受付中!

院長の難病治療をご希望の方は下記勤務表をご覧ください。また、一般的な鍼診療は常時鍼灸師在中のため、問題なく診療することができます。安心して来院ください。

診療日 診療場所 電話番号
月曜日 大森駅前治療院 03-3768-3033
火曜日 芝浦治療院 03-5445-6600
水曜日 往診  
木曜日 月島治療院 03-3531-1233
金曜日 新橋汐留治療院 03-6228-5855
土曜日 月島治療院 03-3531-1233

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ