脊髄小脳変性症とは | 脊髄小脳変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

脊髄小脳変性症とは

小脳小脳および脳幹から脊髄およびこれらに関係する神経路が徐々に破壊していく病気であり、緩徐・進行性に言語障害、 歩行しにくくなる 、手足のふるえたり細かい動作ができない, 体を思うように動かせなくなる などの 運動失調を主な症状とする神経疾患の総称です。

10 万人に約 4 〜 5 人の確率で発症し、 現在,国内での患者数は約2万人程度といわれています。 主に中年以降に発症するケースが多いようです。

脊髄小脳変性症とは、主に運動失調などの症状を生じる神経変性疾患の総称です。一部に遺伝性の病気であるという研究報告がありますが、発症する原因は現在のところよく分かっていません。脊髄小脳変性症は、約1万人に1人の割合で発症するといわれており、症状が比較的にゆっくり進行していく点に特徴があります。ただし、症状には個人差が大きいので、治療方法も患者によって大きく異なります。

よく見られる症状としては、舌が上手く回らないことにって引き起こされる言語障害、体幹が不安定になることによって生じる歩行障害、腕の震えなどが挙げられます。脊髄小脳変性症については、抜本的な治療法が現在のところ確立されておらず、難病の一つに数えられます。症状を緩和するための処置としては、喋り方の指導や歩行訓練など、主にリハビリによって改善を促します。一部、薬剤による治療も行なわれていますが、効果を得られないケースも多く、あくまで症状の緩和を目的とした処方に限定されています。

脊髄小脳変性症を発症すると、歩行障害のために転倒してしまう患者さんが多く、安全のためにベッドで過ごす時間が増える傾向にあります。しかし、そのことがさらに運動機能の低下を招いてしまう可能性も高いため、専門家による適切な運動指導が望まれます。

脊髄小脳変性症にはいくつかの種類が存在し、それぞれ症状が大きく異なります。例えば、「皮質性小脳萎縮症」や「遺伝性皮質性小脳萎縮症」などは、患者本人には自覚できないほどゆっくりしたペースで進行していきます。対して「オリーブ橋小脳萎縮症」のように、数年でベッドから起き上がることすらできなくなるケースもあります。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ