パーキンソン病 Q&A | パーキンソン病の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

HOME > パーキンソン病 Q&A

パーキンソン病 Q&A

パーキンソン病専門治療家が治療します。至急ご連絡ください。

原因究明から徹底治療・秘伝の針灸 中国4千年の経験医学 難病、慢性疾患に最適 パーキンソン病は便秘を治せ!!まずは表情が変わる!

三千年とも五千年とも言われる長年の臨床経験を積み重ねた中国医学。伝統を受け継がれた針灸術と漢方薬治療が難病の治療に効果を発揮、このところ評価が高まっています。先生は本場中国の針灸治療に取り組んできただけに腕は筋金入り。そのお手並みを聞きました。

Q 手足が震え、筋肉がこわばるパーキンソン病の患者さんが増えてるようですね。

A 私のところにも年間を通して数百人の患者さんが来ます。パーキンソン病は99%、長期にわたる「便秘」が原因と言われています。便秘になると食欲がなくなります。食べないと脳内に入る栄養も不足し、脳細胞か脳組織が萎縮します。ここからは少し学問的になりますが、その結果、脳から神経への伝導性が弱くなります。それに輪をかけるのが便秘が続くと大便の中に発生する毒素(水分)が脳にはいってできる黒班です。これが神経を圧迫します。こんな事が重なり手足が震え、進行すると前かがみになって小刻みに歩く突進現象が現れます。これがパーキンソン病です。

Q どうすれば治るのですか。

A 最初に便秘を治します。中国では原因の追求を一番重要と考えます。原因がわからないことには治療のしようがないでしょう。そこから治療にかかります。

Q まず針ですね。

A 天枢、気海、関元、大腸兪(ツボ)に針を打ちます。これで80%便秘は改善されます。一部にそこまで行かない人がいます。その人には運動神経回復のため、足(足三里・三陰交・行間)、手(合谷・内関)、脳(百会・四神総)にも針を打ちます。 また、頭鍼と言い頭に鍼を打ちます。振戦抑制区と言う震えを軽減させるツボ、運動区と言う動きをスムーズにするツボがあるのです。

Q それで回復に向かうというわけですね。どれくらい通院すればいいのですか。

A 1週間に2、3回来てもらって、そうですね、個人差はありますが早い人で2ヶ月程度でしょう。針で便通が正常になり食欲が出て、眠れるようになり、手足の震えもなくなるというわけです。まずは顔の表情が変わってきます。周りの人にもわかるくらいです。一つの指標としては周囲の方から顔色が良くなったねと言われることです。

Q 先日感謝の手紙が届いてましたね。

A 80歳の男性です。10年間かかりつけの病院の薬を飲んだが改善せず、それどころか第4期症状(*)で一人出歩けない症状になってしまいました。子供さんに連れてこられ来院されたのですが、まず、便秘の治療から治療を行い、全身的な鍼治療を施しました。半年後、再び病院に行ったら、先生に「パーキンソン病の症状は緩和している。今後薬は出しません。」と言われたそうです。

(*)第4期症状:Yahr(ヤール)の重症度分類。パーキンソン病の症状を示すもの。1期症状は手足がたまに震える。第2期症状は連続して震える。第3期は自力で歩くのが困難。そして第4期は1人での歩行は無理。寝たきりで重症となる。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ