筋萎縮性側索硬化症とは |東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

筋萎縮性側索硬化症とは

筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、筋肉を動かすための神経(運動ニューロン)に異常が生じることにより、運動機能に障害をきたす病気です。病気を発症する詳しい原因などは分かっておらず、現在のところ有効な治療法も見つかっていません。症状が進行すると呼吸に必要な筋肉まで十分に機能しなくなるため、日常生活に大きな支障を生じるようになります。10万人に1人の割合で発症する病気だといわれており、日本には約8000人の患者が存在します。比率で見ると2:1の割合で男性の方が発症する可能性が高く、年齢では50代から60代で発症するケースが多いといわれています。遺伝する可能性は5パーセントから10パーセント程度で、両親とその兄弟、祖父母に筋萎縮性側索硬化症を発症している人間がいなければ、遺伝の心配はないようです。

症状が進行する度合いについては個人差が大きいものの、平均的なケースでは発病から3年~5年で呼吸不全に陥って死亡するといわれています(人工呼吸器を使わない場合)。治療薬としては、グルタミン酸拮抗剤リルゾールなどの薬剤が使用され、生存期間の延長に一定の効果をあげています。また、患者さんの不安や抑うつに対しては安定剤や抗うつ薬が、痙縮などの症状が激しい場合は抗痙縮剤が処方されます。さらに、関節などの痛みに対して鎮痛剤や湿布薬を使用するケースもあります。

運動機能(筋力)を維持するためには各種のリハビリ効果を発揮します。症状が悪化したケースについては、呼吸障害を緩和するために呼吸器を用いた呼吸補助が行なわれます。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ