東京都の鍼灸院|難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

難病治療の鍼灸師二宮崇ホームページ

難病治療の鍼灸師二宮崇ホームページ

パーキンソン病と薬

長期的な視点で症状を観察することが重要です

パーキンソン病の薬物療法

パーキンソン病の薬物療法を大きく2種類に分類すると、不足したドーパミンの働きを補う目的として行われる薬物療法と、もうひとつにはドーパミンの不足が原因で、アンバランスになった神経細胞の働きを本来の正常な状態に近づけることを目的に行われる薬物療法があります。

パーキンソン病の薬物療法に用いられる薬の種類には、L-ドーパ剤(単剤)・L-ドーパ剤(合剤)・抗コリン剤・塩酸アマンタジン・L-ドプス・ドーパミン分解抑制薬・ドーパミン受容体刺激薬といった種類があります。

これらの名称は、薬剤の剤形による分類であり、さらに多数の商品名があります。パーキンソン病患者の中には、抑うつ症状があらわれたり、精神的に不安定になることがありますので、対症療法として向精神薬や抗うつ薬などが処方される場合があります。
パーキンソン病を直接的に治す薬ではなく、メンタルケアの部分で、薬が処方されることもあります。

パーキンソン病患者の体質や症状に合わせて、このような薬が処方されますが、薬物の中には、副作用が強くあらわれるものもありますので、薬が合わない場合は、別の薬に替える必要が出てきます。

パーキンソン病のおもな治療薬

効能商品名
ドーパミン補充療法:レボドパマドパー、ネオドパストン、メネシット、ECドパール など
抗コリン薬アーテン、アキネトン、トリモール
ドーパミン放出促進薬シンメトレル
ドパミン受容体刺激薬麦角系:パーロデル、ペルマックス、カバサール
非麦角系:ドミン、ビ・シフロール、レキップ
パーキンソン症状の改善のほか神経保護作用があるとされ、症状の進行が抑えられることが期待される。
ドパミン分解抑制薬エフピー錠、エフピーED 錠
MAO B 阻害薬とも呼びます。レボドパと併用します。症状の進行を抑えることも期待されています。
COMT 阻害薬コムタン
レボドパを分解する酵素である COMTを阻害しレボドパの効果を持続させる薬です。レボドパと併用します。レボドパの作用時間が短くなる現象(ウエアリングオフ現象)や症状の日内変動を改善することが期待できます。
ノルアドレナリン補充療法:すくみ足の改善ドプス
なお、レボドパの使用開始時期には患者さんの社会活動量の多少、年令なども考慮されます。 70歳以上ではレボドパでの治療開始が考慮されます。

薬の副作用

消化器症状食欲不振、胃痛、胸やけ、はきけ
精神症状幻覚、妄想
自律神経症状便秘、尿閉、口渇、起立性低血圧
不随意運動ジスキネジア
心臓弁膜症麦角系ドパミン受容体刺激薬のカバサールやペルマックスでみられることがあります。
睡眠発作非麦角系ドパミン受容体刺激薬

放置して良い程度のものとそうでないものがあるので、副作用がでたら主治医に相談して下さい。

薬剤性パーキンソン病

薬剤性パーキンソン症候群は、パーキンソン病の治療で使用される薬剤によって出現し、血管障害性パーキンソン症候群と並んで頻度が高くなっています。

薬剤性パーキンソン症候群の症状がパーキンソン病によく似ているため、薬剤性と気づかれずに誤診されやすくなります。気づかずに薬の服用を続けると急速に悪化することになります。

【総院長 二宮診療スケジュール】

総院長 二宮の難病治療をご希望の方は下記勤務表をご覧ください。

※ 完全予約制・初診の方の治療は、平日のみとさせていただきます。

診療日診療場所電話番号
月曜日 大森駅前治療院 03-3768-3033
火曜日 芝浦治療院 03-5445-6600
水曜日 往診
木曜日 月島治療院 03-3531-1233
金曜日 新橋汐留治療院 03-6228-5855
土曜日 月島治療院 03-3531-1233

施術料金

難病鍼灸治療
(初診問診料 別途3,240円)
※完全予約制
7,020円 (鍼代含む)

ご予約に関しまして

院長の難病治療をご希望の方は下記勤務表をご覧ください。
また、一般的な鍼灸施術に関しましては、各院、常時鍼灸師在中のため、問題なく診療することができます。


TOPへ戻る