手術 | 網膜色素変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

手術

網膜色素変性症は手術による治療も行なわれています。ただし、日本においては手術をはじめとした外科的な処置が講じられることは稀で、中国など国外で治療を受ける必要があります。ただ、手術の効果については諸説あり、全く効果を期待できないケースもある一方で、劇的な回復が見られる事例も稀にあるようです。一部の国でしか実践されていないため、安全性を疑問視する声も少なくありません。さらに、渡航費用なども含めて費用が高額になる傾向にあるため、万人向けの治療法とは言い難い現状があります。もし、国外での手術を検討されるのであれば、通訳、入院、手術、術後観察まで、トータルで医療サービスを提供してくれる病院を探しましょう。

網膜色素変性症は他の眼疾患を併発することの多い病気としても知られています。例えば、高齢者は白内障を発症するリスクが高いのですが、こうした病気については通常の場合と同じく手術による治療が可能です。網膜色素変性症を根本的に治療することは困難でも、併発する病の多くは手術、投薬によって治療ができるということを覚えておいてください。白内障の手術に関しては白内障の濁りが網膜への直射光を遮るため、進行度によって時期を見計らう必要があります。

良好な視力を保つためには、早期の発見、早期の治療がより効果的だといわれていますから、手術をはじめ治療に対しては積極的な姿勢で臨むことを強くおすすめします。ちなみに、将来的に効果が期待される技術として、網膜移植、人工網膜の使用などが研究されています。最先端の研究では、iPS細胞の応用や、細胞を生産するカプセルを目に埋め込む技術などが注目されています。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ