網膜色素変性症の専門医 | 網膜色素変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

網膜色素変性症の専門医

以前は小児期に多くが夜盲症として診断されていたが、眼底検査の進歩により 10 歳未満から診断がつく場合もある。進行には個人差があり、中年以降に急激に進むケースが多い。

この病気は網膜視細胞の中でも特に杆状細胞 ( 暗い場所で働く細胞 ) が進行的に変性する疾患で、視細胞関連蛋白の突然変異による病気です。

視神経の萎縮や網膜上の血管が除々に細くなり閉塞していくことから、除々に網膜が機能不全になり、最終的には網膜の細胞が死滅して視機能が失われるものです。

網膜の細胞が死ぬまでは、これまで考えられているよりも長い時間がかかり、市や検査での見えなくなった視細胞の部分は死滅しているだけでなく、機能不全を起こしている場合もあり、その細胞の環境を整えて血流を確保すれば回復する可能性があるようです。

死滅した細胞は再生することはありませんが、進行する前の早期に治療を行えば、機能不全細胞の回復や、進行を大幅に遅らせることが可能だという専門医の見解です。

このように見解を出した専門医の先生は鍼灸治療の先生です。

鍼の刺激というのは脳内の神経伝達物質を生成して、生命維持を機能している脳の部分にホルモン(血流を促したり、体を良い状態にしようとする物質)の分泌を促進させる治療である。

網膜色素変性症は専門医に

網膜色素変性症については、ほとんど全国どこの眼科でも診断、治療を受けることができます。しかし、より充実した検査・治療を求めて、専門医のもとを訪れる患者さんも少なくありません。網膜色素変性症は難病であるだけに、眼科のなかでも経験豊富な医師の存在が求められます。特に中国では、網膜色素変性症に対して外科手術による抜本的なアプローチが行なわれているので、より積極的な治療を求めて海外に渡航する方も少なくないようです。ただし、渡航先で治療を受ける場合は相応の費用が必要ですから、金銭的な面で負担を少なくしたい場合は、国立病院をはじめとする実績の確かな眼科に通院されることをおすすめします。

網膜色素変性症の専門医に近しい存在としては、鍼灸院が挙げられます。針灸治療により頭頚部や眼周囲の血流を改善することで、網膜色素変性症の症状を抑えることに一定の効果があるといわれています。この他、東洋医学(漢方の処方など)で治療を試みる専門医もいるようです。

どの治療手段を選ぶにしても、網膜色素変性症は定期的な通院が欠かせません。信頼の置ける医師のもとで、適切な治療を受けることを心がけてください。できれば一つの病院に通いつめるのではなく、複数の医師から意見を聞くようにしましょう。根本的な治療法が確立されていない病気であるだけに、現状では医師の所見も十人十色となっています。治療のみならず、補助制度やライフスタイルについて、包括的、かつ適格なアドバイスをしてくれる医師の存在が大切です。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ