網膜色素変性と薬 | 網膜色素変性症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

網膜色素変性と薬

網膜色素変性症には治療薬というものが無く、対処療法 ( 進行をくいとめる ) 的な薬しかありません。

網膜の視細胞が死滅するのは、網膜を栄養している血管に血流が行かなくなることが原因ですので、血管拡張剤:「カリクレイン」「カルナクリン」を使います。

また、この症状は暗いところが見えにくくなりますので、暗い場所で目を順応させる、暗順応剤:「アダプチノール」などを使います。

しかし、主作用よりも副作用が多く出る場合もあり、人によってはかえって具合が悪くなるかもしれません。

食品では、ブルーベリー(アントシアニン)や魚( DHA )が目に良い効果があります。しかし食品だと毎日摂取するには苦労がいりますので、サプリメントでの摂取が良いでしょう。

人によりますが、これらを摂取し続けると目が疲れにくく、夜盲にも効果があったという例が報告されています。

「カルチノイド」・「葉酸」・「各種ビタミン」・「カルシウム」・「プロポリス」これらの栄養素は直接目には関係ないのですが、目が見えないことによるストレスや気分の落ち込みなどで弱った体の抵抗力を強め、血流を良くして体内環境を改善します。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ