パーキンソン病の薬物療法 | パーキンソン病の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

HOME > パーキンソン病の薬物療法

パーキンソン病の薬物療法

パーキンソン病の薬物療法を大きく2種類に分類すると、不足したドーパミンの働きを補う目的として行われる薬物療法と、もうひとつにはドーパミンの不足が原因で、アンバランスになった神経細胞の働きを本来の正常な状態に近づけることを目的に行われる薬物療法があります。

パーキンソン病の薬物療法に用いられる薬の種類には、L-ドーパ剤(単剤)・L-ドーパ剤(合剤)・抗コリン剤・塩酸アマンタジン・L-ドプス・ドーパミン分解抑制薬・ドーパミン受容体刺激薬といった種類があります。

これらの名称は、薬剤の剤形による分類であり、さらに多数の商品名があります。パーキンソン病患者の中には、抑うつ症状があらわれたり、精神的に不安定になることがありますので、対症療法として向精神薬や抗うつ薬などが処方される場合があります。
パーキンソン病を直接的に治す薬ではなく、メンタルケアの部分で、薬が処方されることもあります。

パーキンソン病患者の体質や症状に合わせて、このような薬が処方されますが、薬物の中には、副作用が強くあらわれるものもありますので、薬が合わない場合は、別の薬に替える必要が出てきます。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ