パーキンソンのリハビリの種類 | パーキンソン病の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

HOME > パーキンソンのリハビリの種類

パーキンソンのリハビリの種類

自分の体調や症状に合ったリハビリを実践しましょう。

身体的なリハビリと精神的なリハビリ

パーキンソンのリハビリを大きく2種類に分けると身体的なリハビリと精神的なリハビリがあります。身体的なリハビリには、運動訓練があります。
運動訓練は、1日に集中して何度も行う必要はなく、20~30分程度の運動を行い、1週間に3日以上行うのが理想的です。

リハビリは、体調が悪い日には無理をせず、あせらずに今期強く対処して、運動中には適度に水分を補給して、快適な温度や湿度の環境で運動を行うことが望ましく、リハビリについて不明な点があれば、主治医や理学療法士に相談して、自分の体調や症状に合ったリハビリを実践するといいでしょう。

身体的なリハビリには、身体のバランスをとる訓練や、上半身・下半身の運動などがあります。机を使って背筋をピンと伸ばす姿勢をとったり、首を左右前後に動かしたり、両手を開いたり握ったりを繰り返して行うなど、さまざまな運動を行います。

パーキンソンの病状が進行して、食事がしにくい患者や会話に支障が出た患者には、言語療法や呼吸訓練、嚥下訓練などが行われることがあります。パーキンソン病にかかると、姿勢が前かがみになり、呼吸に支障をきたす可能性が高くなりますので、正しい姿勢を心がけて、呼吸訓練を行うことで、呼吸機能の低下を防ぎます。

至急、ご連絡ください。無料相談受付中!

院長の難病治療をご希望の方は下記勤務表をご覧ください。また、一般的な鍼診療は常時鍼灸師在中のため、問題なく診療することができます。安心して来院ください。

診療日 診療場所 電話番号
月曜日 大森駅前治療院 03-3768-3033
火曜日 芝浦治療院 03-5445-6600
水曜日 往診  
木曜日 月島治療院 03-3531-1233
金曜日 新橋汐留治療院 03-6228-5855
土曜日 月島治療院 03-3531-1233

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ