パーキンソン病のリハビリの心がまえ | パーキンソン病の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

HOME > パーキンソン病のリハビリの心がまえ

パーキンソン病のリハビリの心がまえ

パーキンソン病と診断されたら、薬物療法やリハビリが必要となります。
パーキンソン病患者の治療には、家族の支えや職場の理解が必要で、初期症状であれば日常生活に支障もありませんが、症状が進行するにつれ、日常生活での動作がしにくくなり、一刻も早くリハビリで機能回復訓練を行う必要が出てきます。

リハビリには、身体的なリハビリと精神的なリハビリがあることについて、患者と家族は理解しておく必要があります。
パーキンソン病のリハビリは、リハビリ通院をする人もいますが、症状が進行した人は、入院して集中的にリハビリや薬物治療を受ける場合もあります。

リハビリは、歯磨きや洗顔、入浴、衣服の着替えといった日常で行う動作がリハビリであると考えられています。パーキンソン病にかかったからといって、ふだんの生活をとくに変える必要はなく、自分の身の周りのことを自分で行い、運動不足にならないように心がけることが大切です。

初期症状であれば、とくに日常生活に支障が出ないので、仕事をしている人はなるべく仕事を続けたほうがいいでしょう。
時間があれば、ウォーキングや体操をしたり、積極的に人との交流を持ち、外に出かけるなど、社会との関わりを持ち、休日を有意義に過ごす工夫を心がけましょう。
リハビリには、身体的なリハビリと精神的なリハビリがあります。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ