パーキンソン病のリハビリの必要性 | パーキンソン病の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

HOME > パーキンソン病のリハビリの必要性

パーキンソン病のリハビリの必要性

身体と心のリハビリが必要です。

リハビリによって身体を動かし、筋肉を鍛える

パーキンソン病の症状が進行した患者には、リハビリが必要になります。
パーキンソン病は、ゆっくりと進行しますが、身体が思うように動かなくなると、意気消沈してしまい、病気と闘う意欲が薄れて、身体を動かそうとする努力をしなくなり、消極的になってしまう人もいます。
身体を動かさないで、身体介助を家族やヘルパーに頼っていると、関節や筋肉の働きが衰えてしまうので、リハビリによって身体を動かし、筋肉を鍛える必要があります。

日常生活で必要とされる動作をスムーズにできることを目標にして、機能回復訓練を行うことが、病気の進行を遅らせることになります。

身体が思うように動かなくなると、イライラして家族にあたることがありますが、精神的にもストレスになると、さらに症状を悪化させることにもなりかねません。
適度に気分転換をしたり、前向きな気持ちになり、ストレスをためないように心がけることが大切です。

患者本人の気力の回復がいちばん

リハビリを行う上で、患者本人の気力の回復がいちばんで、身体を動かせるようになろうという気力が必要になります。病気に対して悲観的にならないように、家族の温かい配慮が必要で、身体リハビリはもちろんのこと、病気に立ち向かっていくには、心のリハビリが必要になります。

至急、ご連絡ください。無料相談受付中!

院長の難病治療をご希望の方は下記勤務表をご覧ください。また、一般的な鍼診療は常時鍼灸師在中のため、問題なく診療することができます。安心して来院ください。

診療日 診療場所 電話番号
月曜日 大森駅前治療院 03-3768-3033
火曜日 芝浦治療院 03-5445-6600
水曜日 往診  
木曜日 月島治療院 03-3531-1233
金曜日 新橋汐留治療院 03-6228-5855
土曜日 月島治療院 03-3531-1233

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ