パーキンソン病と法則 | パーキンソン病の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

HOME > パーキンソン病と法則

パーキンソン病と法則

パーキンソン病とは脳の大脳基底核にある黒質という部位の神経細胞が変性を起こし、機能不全・死滅して脳の体を動かす部分への伝達物質の分泌量が減少し、体が思うように動かなくなるなどいろいろな機能障害が起こる病気です。

パーキンソン病になる人は、大抵は生活に問題があるでしょう。栄養不足・過剰摂取、身体・内臓への過剰なストレス、対人関係・仕事・寝不足などによる精神的ストレス。

これらの要因で体内環境が悪くなり、血流悪化、神経萎縮、細胞の変位、が起きやすくなっての結果として症状が現れてくるのです。

体内環境の悪化はパーキンソン病に関わらず、すべての病気・症状につながることなのです。

ここで「悪い環境→病気・症状の発生」という法則が成り立ちます。

逆に、「良い環境→健康維持」という法則も成り立つわけです。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ