パーキンソン病の原因とは? | パーキンソン病の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

HOME > パーキンソン病の原因とは?

パーキンソン病の原因とは?

パーキンソン病は、体が思うように動かせなくなるという病気で、難病指定されています。難病疾患受給の要件として、Yahr分類の3度以上が目安となっています。
パーキンソン病を発症する原因について、ご紹介していきたいと思います。
パーキンソンは、ドーパミンとの関係が非常に深く、脳内の黒質と呼ばれる部分のドーパミンと呼ばれる神経伝達物質が原因で、神経細胞との連絡に支障が出て、体が動きにくくなります。

ドーパミン自体が悪いということではなく、ドーパミンは、もともと中枢神経系に存在する神経伝達物質であり、脳内ホルモンであるセロトニンやノルアドレナリンやアドレナリンの前駆体として存在しています。
ドーパミンは、学習や感情、ホルモンの調節、運動神経とも深い関わりを持ち、脳の黒質からストレスなどなんらかの原因により、ドーパミンが出にくくなることで、体の動きや自律神経系などにさまざまな支障をきたすことになります。

パーキンソン病は、ゆっくりと時間をかけて発症するのが特徴で、筋肉の働きだけでなく、精神的な感情の変化もみられるようになります。
脳からドーパミンが出にくくなる原因やパーキンソンを発症する詳しい原因については、世界各国の医学者たちによる研究が進んでいるものの、詳しい原因については、残念ながらまだ解明されていないのが現状です。
今後、パーキンソンの詳細な原因解明ができれば、更に臨床・治療への期待が高まります。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ