多系統萎縮症とパーキンソン病 | 多系統萎縮症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

多系統萎縮症とパーキンソン病

症状の発症・進行に違いが見られます。

多系統萎縮症とパーキンソン病の類似性と違い

多系統萎縮症を発症すると、パーキンソン病によく似た症状があらわれる患者さんが多いようです。パーキンソン病は神経伝達物質の一つであるドーパミンの減少によって生じる病気で、日本国内だけでも10万人以上の患者さんが存在する比較的ポピュラーな病気です。主な症状としては手足の震え、歩行障害その他の運動障害、便秘や立ちくらみ、睡眠障害、抑うつなどが挙げられます。

多系統萎縮症においては、とりわけ「線条体黒質変性症」の病型に類似の症状が見られ、治療法もパーキンソン病に準じた手段が有効だといわれています。ただし、病状が悪化しているケースではパーキンソン病の治療薬が効果を発揮しないケースも多く、病状の進行も多系統萎縮症の方がかなり早いといわれています。また、パーキンソン病が体の片側から症状が始まり、他の部位へ進行するのに対して、多系統萎縮症の場合は左右均等に症状が発症・進行する点にも違いが見られます。

しかしながら、発病年齢(ともに中高年の男性に多い)、症状が類似しているため、両者はしばしば誤診されるケースもあるようです。いずれも難病ではありますが、パーキンソン病については有効な治療薬があること、症状の進行が遅いことなどから、生命予後(余命)にはほとんど影響を及ぼしません。多系統萎縮症の患者さんが発病後は数年で寝たきりになり、10年以内に死亡する例が多いことを考えると、両者は似て非なるものということができるかもしれません。

>>パーキンソン病と鍼灸へはこちら

至急、ご連絡ください。無料相談受付中!

院長の難病治療をご希望の方は下記勤務表をご覧ください。また、一般的な鍼診療は常時鍼灸師在中のため、問題なく診療することができます。安心して来院ください。

診療日 診療場所 電話番号
月曜日 大森駅前治療院 03-3768-3033
火曜日 芝浦治療院 03-5445-6600
水曜日 往診  
木曜日 月島治療院 03-3531-1233
金曜日 新橋汐留治療院 03-6228-5855
土曜日 月島治療院 03-3531-1233

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ