多系統萎縮症と鍼灸 | 多系統萎縮症の鍼灸治療、東京都の難病専門治療院

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

多系統萎縮症

鍼は多系統萎縮症に多くの成果を挙げています

難病治療の鍼灸師 二宮 崇プロフィール

二宮 崇 私は中国人医師の元で多数臨床経験を積み、銀座で有名でした劉鍼灸院の院長、江原病院鍼灸室長を経て、こちらで治療させていただいております。

元治療院では朝日、毎日、読売、産経等の有力紙に紹介されましたので、日本各地から来院される皆様に大変好評をいただきました。

現に今も遠方より来院くださる方が多数いらっしゃいます。

私は慢性疾患、難病治療の臨床と研究に励み、特にパーキンソン病・網膜色素変性症・脊髄小脳変性症・筋萎縮性側索硬化症・多発性硬化症について深く研究し、実力を養いました。私にとって皆様の慢性疾患、難病克服のために中国のハリ治療をお役立ていただくのが私の念願です。

中国針による患者の治療を行なっています。治療には院長予約が必要です。

多系統萎縮症とは

運動機能に障害を生じる原因不明の難病

多系統萎縮症とは、主に運動機能に障害を生じる原因不明の難病です。「線条体黒質変性症」、「オリーブ橋小脳萎縮症」、「シャイ・ドレーガー症候群」の三種類からなり、それぞれ症状や治療法、予後などが異なります(この三つの病気の総称が「多系統萎縮症」です)。いずれのケースにおいても現在のところ根本的な治療法は確立されておらず、発病した場合は対処療法による症状の緩和(病状の進行を遅らせる)を図る必要があります。鍼灸治療は症状の除去・緩和に非常に有効です。

数万人に一人が発病する珍しい病気で、男性は女性と比べて約二倍の発病率があるといわれています。発病の平均年齢は53歳、生命予後は10年程度の例が多いようですが、近年徐々に改善されています。

多系統萎縮症の治療

喫煙アルコールの摂取が悪影響

病気の進行を抑えるためには症状に応じたきめの細かな対応が必要で、薬剤の服用、リハビリなどの効果が認められています。特に起立性低血圧、排尿障害、パーキンソン症状などを生じる患者さんが多いのですが、いずれの症状に対しても薬剤の服用による改善が期待できます。

また、病状の進行による運動機能の低下に加えて、臥床期間の長期化による体力低下、難病患者によく見られる精神的な不安感、うつ状態などに対してもケアを行なう必要があります。病状が進行すると介護が必要な状態になるため、家族に加え、福祉、医療の現場が連携して病気に向き合う姿勢を求められます。また、喫煙やアルコールの摂取による悪影響も確認されており、それら生活習慣も含めた管理が必要になります。

鍼治療の流れ

①問診・診察②腹臥位(うつ伏せ)触診③背部側の治療
④針に刺激を加えるため電気(パルス)を流す(10分程度)⑤抜針⑥マッサージを加えながら全身状態のチェック
⑦頭針治療⑧腹部側の治療⑨カウンセリング
至急、ご連絡ください。無料相談受付中!

院長の難病治療をご希望の方は下記勤務表をご覧ください。また、一般的な鍼診療は常時鍼灸師在中のため、問題なく診療することができます。安心して来院ください。

診療日 診療場所 電話番号
月曜日 大森駅前治療院 03-3768-3033
火曜日 芝浦治療院 03-5445-6600
水曜日 往診  
木曜日 月島治療院 03-3531-1233
金曜日 新橋汐留治療院 03-6228-5855
土曜日 月島治療院 03-3531-1233

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ