筋萎縮性側索硬化症の診断 |東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

筋萎縮性側索硬化症の診断

現在、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を特定する検査方法はありません。いくつかの症状から総合的に診断を下す必要があります。最もよく見られる例として、まず初期症状として手足の指先に力が入らなくなり、その病状が他の部位へと進行していく場合に筋萎縮性側索硬化症(ALS)の発症が疑われます。この他、筋肉の表面が小さく痙攣する(筋線維束攣縮)や、喋りにくい、飲み込みにくいなど、舌や口の中の筋肉に対する違和感(球症状)などが表れた場合、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の疑いが強くなります。

早期に診断を下すための検査としては、筋肉に細い針を刺して筋肉の活動を調べる「筋電図検査」が有効です。この検査方法であれば、自覚症状がない場合でも異常を検出できるため、より早期の診断が可能となります。この他の検査方法としては、血液検査、MRI、髄液や筋肉組織の検査などが挙げられます。

診断の際は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)に似た病気の可能性を排除するため、多角的、総合的な診断が求められます。また、血液検査や画像診断では異常を発見できないケースも多いため、医療従事者は症状や検査結果などをよく考慮して、慎重な判断を下す必要があります。早期の発見、そして治療が生命予後を大きく左右することになりますから、万が一、自覚症状が表れた場合は早急に診察を受けることが望まれます。ちなみに、筋萎縮性側索硬化症(ALS)として診断を受けた場合には、医療費など多くの面で国から助成を受けることができます。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の診断基準

1 成人発症である
2 経過は進行性である
3 神経所見
・上位運動ニューロン障害:
 錐体路症状-深部腱反射亢進、病的反射陽性( バビンスキー反射)
・下位運動ニューロン障害:
 筋萎縮、 繊維束 攣縮 、筋力低下
・球麻痺症状:
 舌の萎縮、構音障害、嚥下障害
・神経伝導検査 ( 伝導の速度と活動電位を調べる )
 運動線維のみで活動電位が低下し、伝導速度・・・運動神経は病状の進行に従い遅くなります
・感覚神経は正常
4 筋電図(筋肉に針状の電極を刺し、筋肉が発する電気をグラフにして見ます)
→ALSでは異常な波形が出ます
5 筋生検(筋肉を少し取って顕微鏡で観察します)
→ALSでは神経原性変化がみられる。
6 鑑別診断
・他覚的 感覚障害、眼球運動障害、膀胱直腸障害、褥瘡、小脳症状、錐体外路症状などの症状が存在する場合はALSとは診断できません。
・変形性頸椎症、頸椎後縦靭帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症などの脊柱疾患は、レントゲン撮影やMRIにより除外することができます。
至急、ご連絡ください。無料相談受付中!

院長の難病治療をご希望の方は下記勤務表をご覧ください。また、一般的な鍼診療は常時鍼灸師在中のため、問題なく診療することができます。安心して来院ください。

診療日 診療場所 電話番号
月曜日 大森駅前治療院 03-3768-3033
火曜日 芝浦治療院 03-5445-6600
水曜日 往診  
木曜日 月島治療院 03-3531-1233
金曜日 新橋汐留治療院 03-6228-5855
土曜日 月島治療院 03-3531-1233

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ