筋萎縮性側索硬化症とリハビリ |東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

筋萎縮性側索硬化症とリハビリ

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、主たる症状として運動機能の低下を生じます。予後を改善するためには、リハビリテーションに対する積極的な取り組みが重要であり、事実、数多くの患者さんが日常的なレベルでリハビリを実践されています。症状が軽く、自力で歩行が可能な患者さんに対しては、健常筋の強化が効果的です。現状において健康な筋肉をより強化することで、自力で歩行する期間を延ばすことができます。この他、効率的な歩き方、起居動作の指導を受けたり、自助具の活用法を学んだりします。必要に応じて、住宅改造(段差をなくす、手すりをつけるなど)の指導を受けることもあるようです。

歩行が困難な患者さんについては、生活を補助する器具の使用方法が指導されます。主に姿勢の矯正や呼吸法などを学ぶことになるようです。症状が進行すると疲労が蓄積されやすくなるので、リハビリの際はこまめな休憩が必要となります。介護する側(家族など)に介助方法の指導を行なっているケースもあるようです。

症状が進行し、完全に歩行が不可能になった患者さんについては、呼吸、排痰の訓練が行なわれます。自力でのリハビリが不可能な患者さんに対しては、関節の稼動を助ける運動やマッサージなどが施されます。さらに、会話が困難な患者さんには、意志を疎通するためのコミュニケーション手段(文字盤など)の使用方法が指導されます。介護に携わる家族、介助者については、呼吸器の扱い方などを学ぶ必要があります。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ