喫煙との関係 |東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ

喫煙との関係

筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発祥する原因は特定できていませんが、一部に喫煙によるリスクが指摘されています。具体的には、1日あたりの喫煙本数が10本増すごとに、10パーセントの割合で筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症するリスクが高まるそうです。その詳しいメカニズムは不明であるものの、有害物質が神経細胞にダメージを与えるという説や、喫煙がビタミンの代謝を加速させることなどが原因として考えられています。喫煙開始年齢が早いほどリスクが高まるという傾向も確認されており、筋萎縮性側索硬化症(ALS)は環境的な要因によって誘発されるのではないか、という説を裏付ける結果となっているようです。

事実、喫煙と飲酒は症状を悪化させる可能性もあるため、筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発病している患者さんには禁煙・禁酒が求められています。筋萎縮性側索硬化症に限らず、喫煙は様々な病気の危険因子として知られていますから、喫煙の習慣がある方は注意するに越したことはないでしょう。現在、病院では禁煙外来を設けているところも増えていますから、禁煙をお考えの方は医療的なサポートを受けることをおすすめします(タバコの本数を減らすだけでも一定のリスク減が期待できます)。

ただし、調査結果によると筋萎縮性側索硬化症(ALS)については「過去に喫煙していたグループ」=「禁煙に成功したグループ」に関してもかなり高いリスクが報告されています。この事実を踏まえるなら、やはり喫煙は極力避けたほうが無難だといえそうです。

PageTop




月島鍼灸院 芝浦治療院 大森駅前治療院 新橋汐留治療院

東京都の鍼灸院/難病治療の鍼灸師 二宮崇ホームページ - パーキンソン病と鍼治療について

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ